無料見積ご相談 電話受付 0568-27-8836

お知らせ・ブログ NEWS ・ BLOG

懐古主義

ブログ

ReSTART代表の平井です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

桜を愛でるのも束の間、

新緑の息吹を感じる時期になりました。

この3月から4月にかけての弊社買取品において、

懐かしいモノが妙に重なるように入荷しました。

カテゴリーでいえば、「カメラ」や「オーディオ」、他には「アグネス・ラム」のパネルや「おかもち」などなど・・・、

40年から50年の時を経たものです。

 

 

「昭和は遠くになりにけり」ですが、

西暦でいえば1960年代後半から

1970年代にかけてのものです。

ホコリまみれモノ、錆びついたモノ、逆に劣化が見られずに「よくぞ、この状態で残っていたものだ」という

モノまで程度はさまざまです。どれもこれも自宅の片隅で

眠っていたであろうというものばかりです。

デジタル時代といわれ久しいもですが、

カメラやオーディオでいえば、寧ろ再販価値は デジタルよりもアナログが圧倒的に高値で売買されます。

カメラではフイルムカメラ、オーディオではレコードの時代のシステムコンポやスピーカーなど。

状態や程度がよくなくても驚くような価格がつく場合もあります。

ある意味、こうした懐かしい商品と出会えることや、

想定外の価値に驚くことが、私たちの商いの愉しみでもあります。

 

 

【懐古主義】を辞書で調べると 懐古主義とは、幸せだった過去を思い出し、「昔はよかった」と懐かしむこと。

 

懐かしむだけなら良いが、その思い出を美化するあまり、

新しい環境、新しい情報などを否定するもの者も多い。

そのため懐古主義は「新しいものを否定する」という

意味合いで使われる場合もある・・・。とされています。

 

 

私たち昭和真ん中世代にとっては、「なるほど」

と思わされます。

この背景には「今日より明日は豊かになる」といった

高度成長期の頃の世の中を

思い起こすからだろうと思います。

幼少時代~青春期にかけて「欲しくても手にできなかった」「憧れであった」という感情が甦ってきます。

 

 

最近では鉄道分野でも「国鉄色」

というものが注目を浴びています。

鉄ちゃんに限らず、リメークされた標準色に

当時を思い出す人も多いようです。

名古屋市営地下鉄も東山線で思い出深い

「黄電」リメークを行うようです。

 

 

 

 

 

自宅の片隅で眠っているもの。

実は価値あるお宝になり得るかも知れません。

当社では、そうしたものを初期清掃はもちろんのこと、

時には錆び落としをしたり、時には分解修理をしたりしながら

息吹を与え、市場に循環するお手伝いをさせていただいております。

不用品買取はぜひ当社にお声がけ下さい。

愛知・岐阜・三重なら喜んで参上いたします。

 

 

#春日井

#リスタート

#ReSTART

#愛知・岐阜・三重

#不用品買取